エアコンの風が当たり続けると健康被害が起きる?!

エアコンの風が当たり続けると健康被害が起きる?!

こんにちは!マルツエコです。

7月下旬ということで、ほとんどの事務所や施設内で冷房が使用されているのではないでしょうか。

冷房に関わらず、暖房を使用する季節を含めると1年の半分以上はエアコンを使用することになります。エアコンの直撃風が当たる人にとっては夏や冬はとても厳しい季節かもしれません。

エアコンの風が直接当たることを軽く考えられる方もいらっしゃると思いますが、実は下記の検証が得られているのです。

エアコンの風が原因でお店を変えたことがある確率

このエアコンの風を原因とした影響は経営的な問題点へと繋がっており、調査の結果ではエアコンの風が不快で「使うお店を変えたことがある」は12.4%との回答があります。

一見少ない数値に見えますが、10人に1人の割り合いでお店を変えた事があると考えますと、経営者の立場からすると衝撃的な数値でないでしょうか。

%
エアコンの風が原因でお店を変えたことがある

エアコンの風を不快に感じる方は多い

それでは、エアコンの悩みを抱えている人はどれくらいいるのでしょうか?

当社の調査結果では、「エアコンの風を不快に感じた事がある」と答えた方は67.6%いらっしゃり、これは決して多い数字ではありませんが、3人に2人の割り合いがエアコンの風を不快に感じていると考えますと、意外にも多い結果ではないでしょうか。

%
エアコンの風を不快に感じたことがある

特に女性や高齢者に限って調査対象を絞ると、「エアコンの風が直接当たって不快に感じる」と思われる女性は約8割もの方がいらっしゃいます。
しかし、実際に「寒いです」と口に出す人は少なく、心の中で思っている方も多いのです。

次に、エアコンの風が直接当たると引き起こる健康被害について紹介していきたいと思います。

業務用エアコンの風が直接当たり続けるとどうなるのか?

エアコンの風が引き起こす健康被害業務用エアコンの風を当たり続けると、主に下記のような症状が現れます。

●肩こり
●免疫力低下
●むくみ
●食欲不振
●腹痛、便秘、下痢
●血行不良
●頭痛
●疲労感

人間の体は、自分の体温を調節する力を備えていますが、急激な温度変化が起こると自律神経の乱れが生じてきます。

例えば、夏場ですと体温を下げるため血流を良くして、汗をかきやすくし、自分の体温を調節しようとします。

しかし、急激な温度変化や冷房のかかった部屋に長くいると、今度は体温をキープしようとして、血管を収縮させ血流を抑えるため身体の冷えにつながってしまうのです。

このようなことを何度も繰り返していると、自律神経のバランスが崩れ、気温差に体がついていけなくなります。

その結果、自律神経の乱れにより免疫力が低下し、体のだるさや頭痛、腹痛、風邪、便秘、下痢、疲労感、食欲不振を引き起こすのです。

体温が冷えたことで肩こりや腰痛も起こりますが、これを冷房病またはクーラー病とも言います。

事務所のエアコンの不快な風を解消する方法

健康被害を引き起こすかもしれないエアコンの風。
回避する方法としては、下記の3通りあります。

➀他の人と席を変わってもらう

エアコンの風が引き起こす健康被害上司の許可を得て席替えが可能であれば、席替えを行うことも手です。
隣の席に移動するだけでもエアコンの直撃風の強さが変わってきます。

しかし現実では席替えを行うことは難しいですし、今度は席が変わった人に直撃風が当たりますので、あまり良い方法ではありません。

②エアーウィングを取り付ける

最近、業務用エアコンに取り付けられているエアコン用風除けカバーを見かけたことはないでしょうか?

1個当たり約2,000円~3,000円代で販売されているためお手軽にご購入ができます。なおかつ、直撃風をカットと謳っているため一度使用してみても良いかもしれません。

エアーウィングの最大のメリットとしては、やはりお手軽な価格で購入できることではないでしょうか。しかし価格帯が安すぎると日本製でない可能性もあるので注意が必要です。日本製でない場合、落下の危険性も出てきますので購入する前にどこで製造されたかをしっかり確認しましょう。

反対にデメリットとしては、エアコンの直撃風を解消できない場合があることです。
エアーウィングはエアコンから出てくる風の向きを変えてくれるため、直撃風がなくなると思いがちですが、風の向きを変えるだけでは、直撃風が当たる場所が変わるだけになります。

直撃風をなくすには、エアコンから出てくる風を幅広く拡散させる必要があるのです。

③ハイブリッドファンを取り付ける

エアコンの風が引き起こす健康被害オフィスや飲食店などに、画像のような正方形のエアコンを見かけたことはないでしょうか。

これは業務用エアコンと言って多くのオフィスや飲食店、施設に取り付けられています。ハイブリッドファンは業務用エアコンであれば取り付けすることが可能です。

ハイブリッドファンの最大のメリットとしては、エアコンの直撃風を拡散できることです。ハイブリッドファンには羽根が8枚ありますが、その羽根がエアコンの風に当たることで直撃風を万遍なく拡散することができるという仕組みです。

エアコンの風が引き起こす健康被害反対にデメリットとしては、1台当たりの単価が2万円以上と少々高いことです。

しかしハイブリッドファンには20%消費電力を削減できることから節電対策も行うことができるため、2年~3年ほどご使用いただければ、商品価格のもとが取れる計算になります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
https://marutsueco.com/hybridfan-demerit

ハイブリッドファンは幅広い施設で取り入れられています

上記で紹介させていただいたハイブリッドファンは当店でも取扱いをしており、事務所や飲食店、病院など約4,800社以上の企業さまへ納入した実績と経験があります。

取り付け実績は下記のページでも紹介しておりますので、ご興味のある方はご覧ください。
https://marutsueco.com/office-hybridfan https://marutsueco.com/beauty-salon-hybridfan https://marutsueco.com/kaigoshisetsu-hybridfan https://marutsueco.com/hospital-hybridfan https://marutsueco.com/restaurant-hybridfan

お問い合わせ先

株式会社マルツ電波 マルツエコ ネット販売店
TEL:076-220-6692

ハイブリッドファンに関しましてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
早急にメールにてご回答いたします。

お問い合わせボタン

また、「使っているエアコンに合うかどうか分からない」 「実際に設置できるかどうか不安」というお客様の声にお応えして、ハイブリッドファンの2週間の無料お試し機サービスを実施しております。

お試し機は新品のハイブリッドファンをお送りしますので、気に入って頂いた場合はそのまま購入する事も可能です。まずはエアコンの直撃風の拡散と温度ムラの解消を体感してください。
お試し機サービスのお申込みは下記のバナーをクリックしてください。

お試し機_Button

お試し機_Button