楽天市場 マルツエコ お買い物マラソン開催中!
7/26(金)01:59迄
【ブログ限定!】1,000円OFFクーポン配布中!

業務用エアコンに使われる動力とは?

業務用エアコンに使われる動力とは?

こんにちは!マルツエコです。

電気には、業務用エアコンに使われる「動力」と家庭用エアコンに使われる「電力」の2種類があることをご存知でしょうか?

業務用エアコンは、家庭用エアコンと比較して馴染みが薄く専門性の高い製品と言われています。購入検討時には「動力」や「三相」といった聞き慣れない言葉が出てきますが、これらの言葉の意味を知っていたほうがエアコンを購入する時に役立つかもしれません。

今回の記事では、「動力と電力の違いについて」と「動力の特徴」について紹介していきたいと思います。

電気には「動力」と「電力」の2種類がある

一般的に一般家庭で使用されている家庭用エアコンは「電力」が使われています。
一方で、オフィスや店舗・工場などに設置された業務用エアコンでは「動力」が使われています。

それでは、電力と動力についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

電力とは?

低圧電力と高圧電力

電力には「低圧電力」と「高圧電力」とがあります。

低圧電力とは:
一般家庭で利用している電力のことです。単相100Vという電源で動く電化製品を使用するために必要な電気契約で、冷蔵庫やエアコン、照明などに使用されています。

高圧電力とは:
高圧電力は低圧電力よりも安価な電気ですが、6000Vほどの電気を電力会社から仕入ることになります。6000Vもの圧力がかかる電気は普通の電化製品は使用することができないため、電力会社から仕入れた電気を「キュービクル」という設備で100V~200Vに変圧して使用する必要があります。

それでは動力とは何なのでしょうか?

動力とは?

動力には業務用エアコンが使われている動力とは、業務用エアコンが使われているところで、低圧電力と一緒に契約する「三相200V」という電源の電化製品を動かすために必要な電気のことです。「動力」は「三相」という電気の送り方になっており、少ない電流で大きな電気を届けることができるのが最大の特長です。

ですから、家庭用と比較して冷房・暖房時の負荷がかかりやすく、よりパワフルな空調パワーが求められる業務用用途では「動力」タイプがよく採用されています。
低圧電力と比較して電圧が高く単相100Vの電源の電化製品を動かすことはできませんが、その分電気料金が安く設定されているため、電気を大量に消費する場合はできる限り動力を利用するほうが良いです。

一方で、動力のデメリットとしては、照明や冷蔵庫などでは低圧電力によって使用されているため、動力によって動かすことはできません。このことから、動力は使うことができる製品が限られていることが分かります。

「動力・三相」のエアコン電源は200Vだけなのに対し、単相のエアコンでは100Vと200Vのタイプがあります。ちなみに家庭用のマルチエアコンは単相200Vの電源が使用されます。

マルチエアコンとは?

1台の室外機で2台以上の室内機と接続できるタイプを「マルチエアコン」と呼ばれています。室外機1台で2部屋以上の冷暖房が行えるということです。「マルチエアコン」は最大5台の室内機を1台の室外機で運転可能です。 

電力と動力は何がちがう?

電力と動力の特徴を記載しましたが、何がちがうのでしょうか?
電力と動力の違いについてまとめてみました。

電力と動力の違い1:電気の使い方が異なる

電力は基本的に、単相100Vという電源で動く電化製品を使用するために必要な電気契約で、主に冷蔵庫やエアコン、照明などに使用されています。一方で動力とは、業務用エアコンなど、より空調パワーが必要なものに使用されています。

電力と動力の違い2:コンセントの穴の数の違い

電力と動力の違いは電気の使い方が異なる電力のコンセントは、一般家庭でも馴染みのある2つ穴タイプのコンセントが使用されており、これは単相100Vが使われています。また、電力コンセントには、単相200Vという電力もありこちらは3つ穴コンセントから供給されています。

一方で、動力のコンセントは4つ穴となっています。電力で動く冷蔵庫や照明などでは使用できないので注意が必要です。

電力と動力の違い3:電気代の違い

電力と動力とでは、電気料金も大きく異なります。動力は基本料金は高いですが単価は安く、動力を使えば使うほど安くなるといっても過言ではありません。
ですので、オフィスや店舗などの電気代を節約したい方には「動力」を使用されることをお勧めします。

なぜ動力は電気代が安くなるのか?

動力はより空調パワーが必要である業務用エアコンに使用されているのですが、その業務用エアコンのプラグを見てみると、一般家庭用のコンセントとは異なり特殊な形状をしています。
これは、業務用エアコンがより電圧の高い「三相200V」という電気を使用しているためです。

動力プランは一般家庭に使用されている従量電灯プランよりも単価が安いことを特長としています。ではなぜ安いのかと言いますと、ここには変圧器の利用料が含まれていないからです。

電気は発電された時には非常に高圧であり、6600V~10万Vほどの電圧を持っていると言われています。これを電化製品が利用できるくらいに電圧を
送電する過程で変圧を行っていくのですが、変圧するには変圧設備が必要となってきます。高い電圧の電気を仕入れるほうが変圧施設を介さなく施設利用料が取られないため、安くなります。

「動力」で電気を使うには、専用のプランの契約が必要

「動力」で電気を使うには、専用のプランの契約が必要各電力会社のホームページなどに書かれている電力プランで、「低圧電力」となっているのが「動力」向けのプランとなります。電力会社によっては、わかりやすく「動力プラン」と書かれている場合もあります。「動力」を使うには、「低圧電力」への契約が必要となってきます。

電力会社ごとにお得なプランが用意されていることもあるので、一社に限らず複数社と比較して契約することをお勧めします。

動力を使用したい場合は、専門業者に相談

動力が使用できるかは建物の状況次第とも言われ、もし現状の建物が動力を使用できないということならば電気工事が必要になります。動力を使用できるかどうかの判断は専門業者を介したほうが間違いはありません。

お問い合わせ先

株式会社マルツ電波 マルツエコ ネット販売店
TEL:076-220-6692

本ページの内容に関しましてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
早急にメールにてご回答いたします。

お問い合わせボタン